イチゴを食べている部分は果実ではなく花托。では種はどこにある?
知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

イチゴの種がある部位はどこ?

イチゴの写真

イチゴの種と言えば、大抵の人は表面にあるツブツブのことだと思っているでしょう。

しかし、イチゴの表面のツブツブは、実はイチゴの果実なのです。

イチゴを食べている部分は花托

私たちがイチゴのどの部分を食べているかというと、花托(かたく)といわれる部分であり、花が育つ部分。

イチゴの果実だと思って食べている部分は、実はイチゴの異常に肥大した花托です。

イチゴの果実は? 種はどこ?

先にも書いたとおり、イチゴの果実は表面のツブツブです

では、イチゴの種はどこにあるかというと、スイカやリンゴ等と同じように、果実の中心にあります。

つまり、イチゴの表面の固くて小さいツブツブの表皮をはぐと、中に種があります。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ