知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

缶詰の食べ頃は?

缶詰の写真

非常袋に入ってる缶詰。気づいたら7年も8年も経ってたなんてことがありませんか?

開けてみても悪くなってないように思えますが、味は今一つ?缶詰にも食べ頃があるようです。

缶詰は賞味期限まで同じとは限らず

しかし、缶詰だけは新しいのがいいとは限りません。

材料と調味料を入れた缶を高温、高圧で殺菌して作るから、製造直後の缶詰は、味がしみ込んでいなかったり、混ざり合ってなかったりするからです。

例えば、マグロの油漬けの場合は、蒸したマグロの身と調味油がほどよく馴染むのは1年後で、5年くらいは美味しく食べられるはずです。

魚介類の水煮、油漬け、味つけ缶は、1年から5年頃が食べ頃と言われます

果物のシロップ漬けなら半年から4年の間、アスパラガスやスイートコーン等、野菜の水煮缶は、半年から3年の間が美味しいとされてます

ちなみに、フタのところに三段にわたって表示されてる中段の部分が製造年月日。「970101」ならば、1997年1月1日製造というわけです。

尚、製法が悪いものは保存も効きません。フタ、底の板が外側に膨らんでいたら、中に腐敗ガスが溜まっている証拠。改めて家にある缶詰をチェックしてみるのもいいかもしれません。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ