知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

「生そば」の意味

生そばの写真

蕎麦屋の看板や暖簾(のれん)、あるいはメニューに「生そば」と書かれている店を見かけることがあると思います。

ちなみに、読み方は「なまそば」ではなく、「きそば」と読みます。

普通の蕎麦と違うので「生そば」と書くわけですが、何が違うのでしょう?

蕎麦と生そばの違いとは?

普通の蕎麦は、そば粉と「つなぎ」と呼ばれる小麦粉等を混ぜて、蕎麦の麺を作ります。

店によっては、鶏卵や長芋・山芋、こんにゃく等も使うところもあります。

それに対して、生そばは、そば粉だけで麺を作った蕎麦です

そば粉に小麦粉等を混ぜた蕎麦が出てきたことによって、高級感を出すために、「そば粉だけで作っています!」とアピールするため、蕎麦屋の看板や暖簾に「生そば」と書くようになったようです。

昨今の蕎麦屋の実情

しかし最近はというと、そば粉だけを使った蕎麦を作っている蕎麦屋はほとんどないようです。

看板や暖簾に「生そば」と書かれていても、あくまで小麦粉等を使用している量が少なく、そば粉の量が多いということで「生そば」と書いている場合が多いようです。

また、ひどいところになると、圧倒的に小麦粉等の「つなぎ」の量が多いにも関わらず、「生そば」と平気で書いてある蕎麦屋もあるとか…。

要するに、現在では「生そば」の定義がハッキリしておらず、蕎麦屋の店主の考え一つで「生そば」と書くことができるようです。

ですが、飲食店のクチコミがインターネット上に簡単に出回るようになったので、そば粉の量が少ないにも関わらず、「生そば」と書いた蕎麦屋は…、どうなるのでしょうね。。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ