知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

ビタミンCが豊富なキウイフルーツ

キウイフルーツの写真

キウイフルーツが日本に導入されたのは1960年代。それ以降全国的に多くの品種が出回っています。
国内では秋に栽培して、冬から春にかけて出荷します。それ以外の時期は、ニュージーランドから輸入したキウイフルーツが出回ります。

キウイフルーツの特徴

タンパク質分解酵素を含むため、生でデザートとして食べる他、肉や魚の上に乗せておくと肉が柔らかくなり風味も良くなります。
また、キウイフルーツが肉料理のソースになっているのは消化を良くするためです。
(ビタミンCが豊富なので朝に食べると良いです。)

果肉中のペクチンの含有量も多く加工に向いており、ジャムをはじめゼリーやジュース等にも使用されています。

昔は果肉がクリーンのキウイフルーツしか置いていませんでしたが、最近は果肉が黄色で甘みが強い「ゴールドキウイ」も登場しています。
また、皮ごと食べられる高さが3cmほどのミニサイズの「ベビーキウイ」もあります。

ビタミンC含有量はトップクラス

ビタミンCが豊富で、キウイフルーツ一個食べれば1日に必要なビタミンCの約70%をまかなうことができます
また、ビタミンC同様に抗酸化作用のあるビタミンEも含み、相乗効果でその効果が増します。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を含むため、整腸作用にも期待できます。

またゴールドキウイには、グリーンに比べ2倍もビタミンCが含まれています

関連記事

食べ物の豆知識

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ