知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

食べ物の焦げと癌の関連性

バーベキューの写真

「焦げを食べると癌になる」という話を耳にしたことのある人は多いと思います。

このウワサは、かなり非現実的な話です。

普通の焦げ程度なら大丈夫!

1978年に国立がんセンターが発表した「がんをふせぐための12カ条」の中に「焦げた部分は避ける」という一文がありました。

ネズミを使った実験で、タンパク質に含まれるアミノ酸が変化した物質に、発癌性があることがわかったからです。

この事実が、マスコミを通じて「焦げを食べると癌になる」と安易なウワサになってしまいました。

しかし、ネズミを使った実験を人間に置き換えると、体重の4倍の焦げだけを1年間毎日食べることになります。

例えば、焼き魚の「焦げた部分だけ」を自分の体重の4倍の量を集めて、それを毎日食べる…。

現実的には考えられません。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ