知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

小松菜の由来と種類

小松菜の写真

小松菜は一年中で回りますが、旬は冬から春にかけてです。
寒さに強く、霜に当たった後はグングンと甘くなり、葉も柔らかくなり美味しくなります。

小松菜は緑黄色野菜でもあり、栄養価も高いです。
クセやアクがないので、ほうれん草のように下ゆでする必要がなく、調理しやすい点も嬉しいところです。
ただ、ホウレンソウよりも鮮度が落ちやすいので、買ったら早めに食べたい野菜です。

小松菜の由来

小松菜の名前の由来は、1719年に将軍・徳川吉宗が東京の江戸川区にある小松川に鷹狩りに行った際に目にした無名の菜に、「小松菜」と名付けたことが由来とされています。

小松菜は東京生まれの野菜で、かつては東京都での生産量が1位の頃もあったほどです。

小松菜の種類

現在は、関東から全国へと栽培地は広がっていて、各地に小松菜の仲間があります。
北海道の「札幌菜」、新潟県の「女池菜(めいけな)」、福島県の「信夫冬菜(しのぶふゆな)」、兵庫県や大阪府では「黒菜」など、冬に作られるため「冬菜」や「雪菜」とも呼ばれ、寒い地方ではうぐいすが鳴く頃に収穫できることから、「うぐいす菜」とも呼ばれています。
多くの名前で親しまれている野菜です。

関連記事

食べ物の豆知識

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ