知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

コンニャクの黒い粒の正体

黒い粒が入ったコンニャクの写真

コンニャクには白いものと黒い粒が混じった灰色のものがあります。

芋から作るコンニャクですが、黒い粒は何なのでしょうか?

黒い粒は海藻を粉末にしたもの

コンニャクを作るとき、コンニャク芋を普通に加工すると白いコンニャクになります。

では、黒い粒が混じった灰色のコンニャクの「黒い粒」は何かというと、ヒジキ等の海藻を粉末にしたものです

なぜ、ヒジキを粉末にして混ぜているかというと、昔の人にはヒジキを混ぜた方が美味そうに見えたからです。

昔はコンニャクは黒いのが当たり前

昔は、現在のようにコンニャク芋をキレイに精粉せず、手作りでコンニャクを作っていました。

手作りゆえに、出来上がったコンニャクが黒ずんでいたのが当たり前でした。

したがって、日本人の頭の中には「コンニャクは黒い食べ物」というイメージが刷り込まれていたわけです。

こうして、現代では製法が進化して白いコンニャクを作れるようになっても、昔ながらのイメージを守るために、わざわざヒジキ等の海藻を粉末を混ぜています。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ