知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

ミカンを食べると手が黄色くなる

蜜柑を食べて手が黄色くなった写真

ミカンを食べていて手が黄色くなってしまった経験は、ほとんどの人にあるかと思います。

蜜柑に含まれるカロチンが原因

ミカンを食べていて手が黄色くなるのは、蜜柑に含まれるカロチンが原因です

小腸で吸収された食べ物栄養分は、血液によって全身に送られますが、ミカンを食べ過ぎると、それだけ血液に含まれるカロチンの濃度が濃くなり、血管が透けて見える手の平等が、黄色くなってしまうわけです。

ミカンだけではなく、カロチンを多く含むニンジン、カボチャ等の食べ過ぎでも、同じことが起こります。

皮膚の黄色い幼児は大人以上に目立ちます。

一歳の男の子が全身真っ黄色になってしまい、「大変だ! 黄疸(おうだん)にかかった!!」と慌てて病院に連れて行ったら、単なる蜜柑の食べ過ぎだったという例もあったそうです。

いくら、ビタミンCが豊富だからといって、食べ過ぎは控えた方がよさそうです。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ