知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

モダン焼きの由来は?

モダン焼きの写真

モダン焼きは、茹でた(蒸した)中華麺を、お好み焼きの具材として重ねて焼いたものです。
中華麺の代わりにうどんを用いる場合もあり、「うどんモダン」もあります。

「モダン」という名前の通り、現代的な食べ物で、登場したのは1970年代。

メニュー掲載は『ぼてぢゅう総本家』が最初!

モダン焼きは「終戦後間もなく始まった」説が有力ですが、モダン焼きがちゃんとしたメニューに載ったのは1972年。

大阪お好み焼きの総本家的存在の『ぼてぢゅう総本家』が最初と言われています。

『ぼてぢゅう総本家』のメニューに「モダン焼き」と掲載されたのが、最古の記録のようです。

『ぼてぢゅう総本家』が全国に支店を増やすに連れて、モダン焼きも全国に普及したようです。

モダン焼きの由来の有力説

モダン焼きは、広島風お好み焼きと同じく「のせ焼き」の発想から生まれた食べ物で、1950年に神戸市の『志ば多』で生まれた説が有力です。

当初『志ば多』では、そばではなく「うどん」を使用していて、現在も「うどんモダン」が名物となっています。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ