知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

根深ネギと葉ネギの違い

ネギは寒さに強くて作りやすいため、日本各地で生産されています。
体を温めたり、風邪の予防等の効果があるとされています。

そんなネギですが実は主に2種類あります。

主に関東では白い部分を食べる根深ネギで、関西では葉を食べる葉ネギに分けられます
根深ネギと葉ネギはどのように違うのでしょうか?

根深ネギとは?

根深ネギの写真

根深ネギは、白い部分が多いほど良品で、加熱するとトロリと甘くなります。

根深ネギの品種の一つが群馬県の特産・下仁田ネギです。白い部分が短くて太く、独特の甘みが出るのが特徴で、煮込み料理に最適です。

根深ネギは、淡色野菜に分類されています。

根深ネギは、乾燥に弱いため、新聞紙に包んで冷暗所で保存するのがオススメです。

葉ネギとは?

葉ネギの写真

葉ネギは、根深ネギよりも葉が柔らかく、一年を通してその品質はあまり変わりません。

代表品種といえば「九条ねぎ」。京都府の九条近郊で栽培されていたことが名前の由来です。
他に、博多万能ねぎやあさつき等。

葉ネギは、日に当たっている緑色の部分に栄養素が多いため、栄養価は根深ネギより高くなります

葉ネギは、緑黄色野菜に分類されています。

葉ネギは、根深ネギよりも傷みやすいので、湿らせた新聞紙等で包んで、乾燥を防ぐようにしてから冷蔵庫へ保存すると長持ちします。

関連記事

食べ物の豆知識

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ