知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

さくらんぼの種類

ぶら下がるさくらんぼの写真

山形県をはじめ、北海道や長野県等で作られるさくらんぼ。
甘みと酸味のある果物で、生食はもちろん、ジャムや菓子類に加工されます。

さくらんぼの成分の中には、ポリフェノールを含むので、動脈硬化の予防や抗酸化作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用などが期待できます。
また、メラトニンという栄養を含み(別称:睡眠ホルモン)、自然な眠りを誘う働きがあります。

以下に代表的なさくらんぼの品種を紹介します。

佐藤錦

佐藤錦の写真

「赤いルビー」とも呼ばれる、日本の代表的なさくらんぼ。
果汁が多く、上品な甘さとほどよい酸味があります。
主な産地は、山形県が有名。

高砂

高砂の写真

明治初期にアメリカから輸入され、日本でも栽培が始まったさくらんぼ。
果皮は鮮やかな紅色で、甘みと香りが強く、果汁が豊富です。
種が大きいのが特徴的。
主な産地は、山梨県が有名。

サワーチェリー

サワーチェリーを使った菓子の写真

「酸化桜桃」という酸味の強い品種のさくらんぼ。
生で食べると、すっぱく感じられるので、主にジャムやケーキ等のお菓子用に加工されます。
主な産地は、長野県が有名。

その他

まだまだたくさんありますが、全部は紹介しきれません。今後も新しい品種が生まれてくるでしょう。

大粒で、熟すにつれて甘みが増す「紅さやか」、同じく大粒で、甘い果肉が特徴の「大将錦」、果肉が堅めなので弾力性のある「紅秀峰」等が有名です。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ