知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

サツマイモの由来

サツマイモの写真

サツマイモは、薩摩藩(現:鹿児島県)から付けられた名前ですが、他のイモより甘いので、甘藷(かんしょ)とも呼ばれます。

サツマイモの由来と、日本全国に普及した理由についてまとめました。

サツマイモの由来

サツマイモの原産地は、メキシコやコロンビア等の中南米の熱帯地域と言われています。

まずは、中国から琉球王国(現:沖縄県)に伝わりました。1600年頃です。

薩摩藩が琉球王国を攻めた時、珍しい食べ物が出されました。それがサツマイモでした。
1700年頃に薩摩藩へ持ち帰って、栽培されるようになったのが、日本のサツマイモの由来です。

琉球王国からやってきたイモなので「りゅうきゅういも」と呼ばれたり、中国と関わりがあることから「からいも」とも呼ばれます。

全国に広めた青木昆陽

サツマイモは、荒地に植えても育ち、他の作物が収穫できなかった時(凶作)でも育ったので大変重宝されるようになりました。
「天明の大飢饉(1780年代)」以来、各地でも作られるようになったそうです。

江戸時代に、青木昆陽がサツマイモの栽培を研究して日本全国に広めました。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ