知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

牛タン料理が仙台で有名になった理由

牛タン料理の写真

「牛タン料理」を創案したのは、宮城県仙台市の「太助」の佐野啓四郎さんです。

佐野さんが初めて牛タンを食べたのは、昭和10年代、東京のフランス人シェフのいる店。

「タンシチュー」を食べて、佐野さんは「美味しいが、この味は日本人の口に合うのだろうか?」と感想を抱き、牛タン料理に関心を寄せました。

試行錯誤で薄く切って塩・胡椒

終戦後、佐野さんは仙台市で焼鳥屋を開く際、タンシチューのことを思い出しました。

当時、牛タンは見向きもされない食材で、タダ同然で手に入りました。

佐野さんは試行錯誤を重ね、牛タンは薄く切って塩・胡椒で焼くのがベストという結論に達し、実際にメニューに入れました。

その後、全国的に広まったのはご承知の通りです。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

役立つ情報の検索に