知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

タコは長時間煮て、イカは短時間煮る

タコの煮物の写真

「タコは長時間、イカは短時間で煮るべし」と言われます。

煮方に違いがあるのは、タコとイカでは筋肉組織の質の違いがあるためです。したがって、各々に応じた調理法が必要になります。

タコの筋肉は高温で煮ると縮む

タコは全身が筋肉の塊であり、しかもその筋肉は高温で加熱すると、小さく縮んでしまいます。

柔らかく煮るには、トロ火でつぎ水をしながら、ゆっくり水炊きをします。

イカの煮物の写真

イカの筋肉は長時間煮ると固くなる

一方、イカは長い時間火にかけてはいけません。

タコと違い、イカは熱の通りやすい筋繊維を持っているため、長時間煮ると、固くなってしまいます。

調理のコツは、煮る前に包丁を入れて、熱湯にくぐらせておきます。すると、イカの臭みがとれ、殺菌効果があり、また、味付けしやすくなります。

そして2分ほど煮たら、ずぐにザルに上げ、短時間で味を染み込ませるために包丁目を入れておくと良いです。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ