知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

トマトの種類

トマトの写真

野菜の中では珍しく酸味のあるトマト。
更に甘みもあるので、生食はもちろんのこと、スープやソース、炒め物にジュースと幅広く料理に使われています。

トマトに含まれるリコピンは、強い抗酸化作用がある赤い色素成分で、生活習慣病やガン等の予防効果の他、美肌効果もあると言われています。
リコピンは脂溶性なので、オリーブオイルと一緒に食べると吸収率が良くなります。

以下に代表的なトマトの品種を紹介します。

麗華(れいか)

麗華の写真

しっかりした果肉に、トマトらしい風味があります。甘みと酸味のバランスがよく、「王様トマト」の名前でも知られています。
生食の他、スープや炒め物によく利用されます。

ファースト

ファーストトマトの写真

果先がとがっている大玉種で、色はピンクっぽく皮が薄いトマトです。主に冬~春に出回ります。
果肉がジューシーで、ほのかな酸味と甘みがあります。
愛知県の伝統野菜です。

アメーラトマト

アメーラトマトの写真

極力水分を与えることを控えて栽培することで、甘みや酸味をギュっと凝縮した中玉トマトです。
主な産地は、静岡県と長野県。

こくみトマト

こくみトマトの写真

加熱調理にオススメのコクのある中玉トマトです。
火を通しても、鮮やかな赤色を保ち、更に旨味が増すのが特徴です。

キャロルパッション

キャロルパッションの写真

鮮やかな赤色で、メリハリのある味わいのミニトマトです。
甘みが強く、わずかな酸味とのバランスが良いと言われています。
果肉が厚めで歯ごたえがあるので、お弁当に彩りに合います。

ラブリーさくら

ラブリーさくらの写真

ツヤのある赤色で、糖度が高く、酸味も程よく含むミニトマトです。
旨味も多く、青臭さがないので、生食に適しています。

その他

その他にも、大玉種の主流トマトの「桃太郎」、濃厚な味で加熱調理向きの中玉種「シンディースイート」、甘みと旨味が強いミニトマト「ピッコラルージュ」等が有名です。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ