知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

調味料の「さしすせそ」とは?

調味料の写真

料理の基本「さしすせそ」とは、調味料を入れる順番を表した言葉です

「さしすせそ」は調理に使う順番

「砂糖(さ)、塩(し)、酢(す)、醤油(せうゆ=せ)、味噌(みそ=そ)の順番で味付けをしなさい」という意味です。

砂糖には、食品を軟らかくする働きがあります。また、次に来る塩に比べると6倍の大きさの分子量があるため、味が染み込みにくいのです。

塩は逆に食品を引き締める作用があります。そのため、砂糖より前に入れてしまうと、甘味が付かなくなってしまいます。

実は「さしすせそ」の中で、厳密に守らなければいけないのは、砂糖と塩の順の2つだけです。残りの、酢や醤油、味噌は風味が飛びやすいので「先に入れないほうがいい」ということなのです。

また、酸は含まれる塩分のため、これまた砂糖の甘味が染み込みにくくなります。

とにかく「一番最初に砂糖」ということだけは覚えておくと良いと思います。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ