知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

ぜんざいとお汁粉の違い

お汁粉の写真

小豆あんを水に溶かして温めたものに、餅等を入れた食品を何と呼びますか?

この食べ物は、地方によって呼び名が異なります。

関東圏では「汁粉」と呼ばれ、こしあんの物を御膳汁粉、粒あんの物を田舎汁粉ということが多いです。

関西では、こしあんの物だけが「汁粉」で、粒あんのものは「ぜんざい」と呼ばれます。

関東と関西でぜんざいは違う

関東で「ぜんざい」と言うと、少し暖めた粒あんの汁なしタイプのものになります。

これは、関西では「亀山」を呼ばれます。

同じ「ぜんざい」でも「亀山が出てきた」とぼやく関西人、対して「田舎汁粉がきた」と驚く関東人。

更にややこしいことに汁なしの物を「あんころ餅」と呼ぶ地方もあります。

関連記事

食べ物の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 食べ物の豆知識 >

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ