知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

お菓子入りのクリスマスブーツの由来

お菓子入りのクリスマスブーツの写真

クリスマスプレゼントを靴下に入れるという習慣は、当然海外から始まったものです。
(※サンタクロースのモデルと言われている聖ニコラスが、貧しい姉妹のために、こっそり窓際にあった靴下の中に金貨を入れたという伝説に由来。)

では、「クリスマスブーツにお菓子を入れる」というのも海外の習慣かと思いきや、実は、日本のオリジナルの習慣です。

戦後のアイディアからお菓子メーカーの参入

お菓子を入れたクリスマスブーツは、戦後間もない頃、貿易関係の仕事をしているある会社が、海外のツリーに飾られた装飾品の靴下にヒントを得て、作り始めたそうです。

昔は、ボール紙に銀紙を貼り付け、小さなサンタクロースや星型をちょっとだけ付けた質素なデザインで、その銀色のブーツに、ビスケット等の簡素なお菓子を入れて販売していました。

しかし、日本が高度成長期になると、お菓子メーカーがクリスマス商戦に次々と参入してきます。
デザインも銀一色から、赤や金色が混じったカラフルなものになり、中身も様々なお菓子になりました。

バレンタインデーやハロウィン同様、お菓子メーカーの戦略で普及した「お菓子入りのクリスマスブーツ」です。

関連記事

歴史の雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 歴史の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

世界各国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ