時計店でメガネを売っている理由~歴史背景より
知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

時計店でメガネを売っている理由

時計とメガネの写真

日本の時計店に行くと、大抵の店にはメガネも一緒に売っているところが多いはずです。

なぜでしょう?

時計とメガネには、日本の小売業の発展の歴史と関わりがあります。

雑貨店の専門化の流れから

メガネは戦前からありましたが、一気に需要が高まったのは、戦後から。

戦前は、メガネ専門店は少なく、メガネは雑貨店(当時の高級品を主に扱う雑貨店)で買うモノでした。

次第に、雑貨店が専門化していき、メガネや時計、貴金属を専門に扱う店が誕生していきました。

時計を主力商品とする雑貨店が、「時計店」を名乗るようになりますが、元々が「雑貨店」であったがゆえ、メガネも併売し続けました。

その後、故障の少ない「クォーツ」の登場で、時計店は時計だけの商売が難しくなり、そのままメガネも売り続けたという、歴史があります。

以上のように、時計店でメガネを売る理由は、戦後の小売業(雑貨店)の専門化の歴史背景があるようです。

関連記事

歴史の雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 歴史の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

世界各国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ