知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

昔のバレンタインデーの贈り物

バレンタインチョコレートの写真

日本でバレンタインデーが一般的になったのは、1970年頃。

チョコレートメーカーが大々的なキャンペーンを行い、「バレンタインにはチョコレートを贈る」ことが習慣になったのは、結構有名な話。

しかし、実は最初にバレンタインデーを紹介したのは、「丸善」だったと言われています。(※他にも諸説あり)

丸善ゆえに文房具が贈り物

丸善は「専門書・希少本」を扱う店として有名ですが、昔から万年筆やバーバリーのコート等の「ヨーロッパ文化」を輸入してきた会社です。

1950年頃に、バレンタインデーに女性が男性に贈り物をするという風習を取り入れようと、新聞や雑誌に「バレンタインデー・ギフト」の広告を出しました。

つまり、日本で最初のバレンタインデーの贈り物は、チョコレートではなく、文房具や男性用小物、書籍等であったのです。

まんまとチョコレート業界に乗っ取られた感がありますが、男性はチョコレートよりも文房具や小物の方が嬉しいかもしれませんね。

ちなみに、西欧のバレンタインデーは、男性も女性も、花やケーキ・カード等の様々な贈り物を、恋人や親しい人に贈ります。したがって、ホワイトデーはありません。

関連記事

歴史の雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 歴史の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

世界各国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ