知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

30度の風呂は冷たく、気温は暑い理由

暑がる人の写真

お風呂は40~42度くらいが適温ですね。
一方で、気温が30度を越えると夏日と言われるように、暑く感じます。

同じ30度でも風呂は冷たく感じ、気温は暑く感じるのはなぜでしょうか?

皮膚温度で感じ方が変わる

冷たさや暑さの感じ方は皮膚温度が関係してきます。

水は熱を伝える率(熱伝導率)が大きいため、体温をすぐに奪います
結果、30度の風呂(水)に入ると、皮膚温度も一気に30度近くに下がってしまい、冷たく感じます。

一方で、空気の場合は熱伝導率が小さいので、体温を奪う速度が遅くなります
したがって、皮膚温度は体温(35~36度)を保ち続けるわけです。

冷たいとか暑いといった感覚は、外部の温度ではなく、皮膚温度で感じるため、同じ30度でも皮膚温度の高い空気中の方が暑く感じるのです。

ただし、同じ空気中でも、風の吹き方で皮膚温度は変わります。
ですから、エアコンのない家庭では、濡れタオルを当てて扇風機の風を冷やせば、かなり涼しく感じることができます。

関連記事

人の体の雑学

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ