知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

風邪が冬に流行る理由

冬に風邪を引いた人の写真

冬を迎えると風邪を引く人が増えます。この現象には二つの理由があります。

一つは、冬場は風邪のウイルスの活動が活発になることです。
もう一つは、人間の免疫力が低下することです。

気温の低下とともに減少するB細胞

人間の免疫力は、「免疫グロブリン」という物質に大きく影響されます
この免疫グロブリンは、血液中のリンパ球の一種である「B細胞」が基になって作られるため、その細胞数を調べると免疫力の大小を推定することができます。

そこで、季節ごとのB細胞の数を調べてみると、気温の上昇とともに増え、冬になって寒くなるにつれて減少することがわかりました
冬場は寒さを凌ぐために多くのエネルギーを使うため、細胞増殖が抑えられB細胞が減るのではないかと推定されています。
B細胞が減るので免疫力が弱くなり、風邪のウイルスを撃退できなくなり、風邪を引いてしまうというわけです

関連記事

人の体の雑学

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ