知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

寝れない時、簡単に寝る方法

眠れない女性の写真

「疲れているのに寝付けない」「布団に入ると、ついつい考え事をして眠れなくなる」、そのような人結構いるのではないでしょうか?

私は、大概「瞬殺」で眠れる方ですが、ちょっと重たい考え事を抱えているときは、やはり布団の中で考え込んでしまい、寝付けなることがあります。

しかし、考え事がある時も余計なことを考えずに済み、「気づいたら寝ていた」という超便利な方法があることを知りました。
ちょっとした「遊び」です。

私の場合は、効果覿面でした!

その「遊び」を紹介します。

平仮名1文字を決めて単語を連想する

いたってシンプルな遊びです。

平仮名を1文字決めて、その平仮名で始まる単語を次々に連想して行くだけです
単語を思い浮かべた際に、軽く「イメージ画像」も想像します。

例えば、「あ」にしましょう。「あ」から始まる単語を思い浮かべます。
「蟻」→「赤ちゃん」→「雨」→「明石家さんま」→「明日」→「飴玉」…、といった感じです。

約束事があります。以下の4点を守ってください。

たったこれだけですが、平均して20~30個くらい思い浮かべているうちに寝ている気がします。

自分の頭の中から、感情と関連性のある思考を排する作用があると思われます。

ぐっすり寝ている人の写真

ネタ元は「ひろゆき」~アレンジした

「ひろゆき(西村博之)」の配信がネタ元です。

西村博之さんにあまり良いイメージを持っていない人も多いかと思いますが、ひろゆきさんは「感情的に物事を考えず、論理的に考える」人で、考え方そのものが参考になることが結構あります。
(感情論をニヤニヤしながら完全に論破するので、あまり好かれないようですが…。)

また、本人曰く「広く浅い知識しか持っていない」と言いますが、一般的な人に比べたら、膨大な知識量です。

そんな彼の配信の中で聞いた方法でした。

ひろゆきさんは、「アルファベットを一つ決めて、英単語を思い浮かべる」ようです。

しかし、英語の不得手な私には無理なので、「平仮名」にアレンジしてやってみた次第です。

以下は「蛇足」です。(よく分からない人は飛ばして下さい。)

蛇足~漫画『はじめの一歩』の板垣学が参考になる

まず、漫画と思って侮るなかれ!

『はじめの一歩』は、ボクシング漫画です。
もちろんフィクション的な要素はありますが、『はじめの一歩』には、人間の肉体を実に科学的に解説されている部分が多々あります
例えば、「重心移動に大事なのは、つま先であること」とか「膝の役割」「背筋の重要性」等々。

それもそのはずで、作者の森川ジョージさんは、一時ボクシングトレーナーをやっていた経験があります。

さて、『はじめの一歩』の中で「板垣学」という登場人物がいます。
いわゆる「天才肌のボクサー」で、何も考えず、無心で試合に臨むと恐ろしい力を発揮します。

ところが経験が浅い頃、キャリア豊富な相手と対戦すると、まんまと戦略にハメられ、考え込み過ぎて自身の力を封じてしまうことがありました。

ある相手と対戦した際、相手の戦略にハマって考え込みすぎて一方的にやられます。
そのときのインターバルで、トレーナーがいきなり「しりとり」を始めます。
リラックスさせ、余計なことを考えさせず、無心にさせるために「しりとり」をやったわけです

その後、見事本来の力を発揮して勝つわけですが、その現象と似ていると思います。

※『はじめの一歩』99巻(森川ジョージ:著、講談社)を参考にしました。

関連記事

人の体の雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 人体の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ