知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

ランナーズハイ

マラソンランナーの写真

ランナーズハイとは、マラソンやジョギングをしていると、最初は苦しいけど走っているうちに次第に気分がよくなる(ハイになる)現象のことです。
なぜ、苦しみが快楽に変わるのでしょうか?

脳の防衛機能が働く結果

人間の脳には、強い痛みやストレスを受けると、防衛機能が働いて、一種の麻薬を分泌する機能があります。
「エンケファリン」や「エンドルフィン」という脳下垂体から出る神経伝達物質です。
この神経伝達物質には、人間の痛みやストレスを和らげる作用があります。

例えば、出産のとき、女性のエンドルフィンは通常の6倍の濃度になるそうです。
つまり、脳下垂体から分泌される神経伝達物質のおかげで、出産の苦しみを和らげているわけです。

「痛みを和らげる=快楽」になるわけです

しかし、一種の麻薬なので、中毒に似た症状も出ます。

マラソンやジョギングをなかなか止められないのは、脳が先に神経伝達物質に満たされ、快楽が忘れられなくなるからだそうです。

関連記事

人の体の雑学

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ