知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

母の日にカーネーションを贈った意味

カーネーションの写真

5月の第2日曜日は「母の日」です。

「母の日」という習慣(?)自体はアメリカが始まりです。

(※日本に習慣が由来されたという意味で。母の日の起源は世界中で異なるようです。)

母の死を偲ぶことから始まった「母の日」

南北戦争中にウェストバージニア州で、「母の仕事の日」と名付け、敵味方問わず負傷兵の衛生状態を改善するために地域の女性を結束させたアン・ジャービスの活動が発端です。

アン・ジャービスの死後、その娘のアンナ・ジャービスは、亡き母親を偲び、母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会を開き、白いカーネーションを贈りました。

この出来事がアメリカでの母の日の起源と言われています。

1914年に「母の日」はアメリカの記念日になり、5月の第2日曜日と定められました。

日本では、1913年に青山学院で「母の日礼拝」が行われたのが最初のようですが、母の日が大きく普及したのは戦後(太平洋戦争後)のこと。

1949年に、アメリカを真似て5月の第2日曜日「母の日会」が行われるようになりました。(以前は別の日に開催されていた。)

花屋さんの販売戦略で、カーネーションを送る日本

アメリカでは、母の日に子どもがカーネーションの花を胸につけます。

しかし、日本では母の日にカーネーションの花を贈るようになっています。

これは、花屋さんの販売戦略で、胸に付けるだけなら1本しか売れないカーネーションも、母親へのプレゼントとして贈れば花束として売れるということからです。

母が健康なうちは、赤いカーネーション。亡くなっている場合は、白いカーネーションを贈るのが一般的です。

それにしても、母の日の起源を知ると、「販売戦略」によってかなり歪められている気がするのは筆者だけでしょうか?

バレンタインチョコやハロウィン等も然りで、少々虚しさを覚えます。

関連記事

日常生活の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 日常生活の豆知識 >

生活用品の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ