知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

雛人形は3月3日に片付けた方が良い理由

雛人形の写真

3月3日は雛祭りです。

お祝いの行事が済んだら、雛人形を片付けるのが慣わし。そうしないと「お嫁に行けなくなる」と言われています。

なぜ「お嫁に行けなくなる」と言われるのでしょう?

雛祭りの由来は「厄除け」

雛祭りのルーツは、中国で3月の最初の巳の日(金運が上昇する日)に厄除けをした「上巳の節句(じょうしのせっく)」です。

上巳の節句は、3月3日に水に入って身を清めるという風習です。

上巳の節句の風習が日本に伝わりましたが、日本では寒い季節であったため、人間が水に入る代わりに、人形を作って流すという風習に変化しました。

みそぎの習慣と合わさって、3月の最初の巳の日に、罪や穢れ(けがれ)を人形に託して水に流す「みそぎ祓い」の風習が生まれました。これを、川や海に雛人形を流す「流し雛」と言います。

ところが、時代を経て、雛人形は高価なものになり、「人形を川に流すことはもったいない」ということになりました。

そこで、雛祭りのお祝いが終わったら、早々に雛人形を片付けることで、「流したつもり」になりました。

つまり、雛人形を3月3日のうちに片付けないと「みそぎにならない」ということです

穢れたままでは、お嫁に行けないというワケです。

ちなみに、雛人形を室内に飾るのが定着したのは江戸時代からです。

関連記事

日常生活の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 日常生活の豆知識 >

生活用品の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ