知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

飲食店を開店するために必要な免許は?

飲食店の写真

ラーメン屋や蕎麦屋、洋食屋や定食屋でも、飲食店を開くためには「調理師免許が必要だ」と思っている人が多いかもしれませんが、実はこれは間違いです。

「調理師を名乗るため」には免許が必要ですが、「調理師免許がなければ飲食店を開いてはいけない」という決まりはありません。

飲食店を開くためには食品衛生責任者が必要

飲食店を開くために必要な免許(資格)は、食品衛生責任者です
食品衛生責任者は、都道府県が開く講習会に深く参加すれば誰でも取れてしまいます。
つまり、この講習会にさえ参加すれば、次の日から飲食店を開くことができます。

ちなみに、調理師免許を取るためには「調理師専門学校」に通い、料理の実習以外に、公衆衛生学や栄養学等を学ばなければなりませんが、学べる知識は広く浅く、初歩的な技術しか学べないというのが一般的な実態です。
プロの料理人の中には、「調理師免許なんか、まるで役に立たない」と言い切る人もいるそうです。

美味しい料理を作りたいのなら、免許はともかく修行が大切ということです。
ですから、飲食店を開くのは簡単でも、料理の腕を上げるのはなかなか難しいということです。

関連記事

日常生活の豆知識

生活用品の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ