知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

土産を買って帰るようになったのは?

手を振る写真

神社に参拝する時、拍手を打ったり鈴を鳴らすのは、空気を振動させることによって、神様の力を鼓舞しようという意味があります。
これらはいずれも古来から伝わる「魂振り(たまふり)」という儀式のバリエーションとも言えます。
魂振りは、神の魂を奮い立たせ、神を呼び寄せるための儀式です。

魂振りが由来

魂振りは、やがて人に対しても行われるようになりました

万葉集には、恋人に向けて袖を振る歌が数多く残されています。
恋する相手の魂を引き寄せるまじないが、袖を振ることだったのです。

日本人が「いってらっしゃい」と手を振るのも、元々は単なる合図ではなく、魂振りの意味合いがありました。

昔の人は、出かける人に対して手や袖を振ることで神霊を招き寄せ、その神霊のご加護によって「安全に旅ができるように」と祈りました

それが、今にも残っている「いってらっしゃい」のルーツです。

関連記事

日常生活の豆知識

生活用品の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ