知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

同じ種類の缶ジュースでも350mlと250mlの値段が同じなワケ

缶ジュースの写真

缶ジュースには、350mlや250ml、更にはもっと少量の缶と、様々なサイズがあります。

中でも特に、同じ種類の缶ジュースでも350ml缶と250ml缶が同じ値段であるものを見かけませんか?

なんだか不公平な感じを受けますが、なぜ同じ値段なのか。

一因は昭和の終わり頃に大量輸入されたこと

昭和62年頃までの日本の国産缶飲料は、250ml入りで100円で販売されるのが相場でした。

ところが、この頃は円高で、外国産の350ml缶が大量に輸入され、値段も90円で販売される現象が起きました。

この現象に対抗すべく、国産メーカーは350ml入りの缶飲料の生産を開始し、値段は据え置きで販売しました。

それ以来、国産メーカーは、2種類の缶飲料を作り続けてきたわけですが、250ml缶の製造を中止しませんでした。

理由は、製造工程を変えるのが大変であったり、地方によって流通事情が違うためです。

したがって、全ての缶飲料を350mlに統一するのはなかなか難しいそうです。

流通コストと容器代に差がないのも原因

また、缶飲料の値段を決める上で、実はほとんどの割合が「流通コスト」と「容器代」です。

そんなわけで、100ml程度中身の量が違ったところで、コスト的にはほぼ差はないのです。

やはり何だか、いい加減な感じを受けますが、しかし、炭酸飲料なんかは、「250mlくらいで丁度よい」という方もおられるのでは?

350mlを選ぶのも、250mlを選ぶのも、消費者のお好みということで捉えていいのかもしれません。

関連記事

日常生活の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 日常生活の豆知識 >

生活用品の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ