知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

土産を買って帰るようになったのは?

お土産屋の写真

おみやげは、元々は「お土産」とは書かず、「宮笥」と書きました。
これは、神社でもらう神札を貼る板のことを指しました。

神札が、現在のお土産の由来ですが、いわゆる「便乗」した形で土産という文化ができたようです。

宮笥に便乗した商売が由来

昔、伊勢神宮へ村を代表してお宮参りをした人が、村人のために買って帰ったのが宮笥だったそうです。

お宮参りする人を送り出すとき、村人たちは村を代表してお参りする男性に、餞別を渡して自分の祈願も頼みました。
これが「餞別」のはじまりであります。

また、お宮参りに行った男は、その餞別で村人分の宮笥を買い集め、村へ帰りました。

その後、伊勢神宮の周辺では、参拝客を目当てに土地の産物も売られるようになり、それらも宮笥にならって「みやげ(土産)」と呼ばれるようになりました。

つまり、土産は元々宮笥に便乗して、土地の物産を売り始めたものであったのでした。

関連記事

日常生活の豆知識

生活用品の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ