知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

師走に第九の演奏が多くなる理由

オーケストラの写真

師走(12月)の風物詩として、すっかり定着したベートーベン作曲の「第九」の演奏。
合唱付きの第九交響曲の演奏が、特に多くなります。

なぜ師走に「第九」の演奏が多くなるのでしょうか?

演奏者たちの「餅代」

「『第九』はベートーベンが作曲した最後の交響曲だから1年の最後に演奏する」ということから始まったらしいのですが、現実的な理由は、「第九」のコンサートをすれば演奏者たちの「餅代(臨時収入・ボーナス)」が出るということ。

「第九」のコンサートには、オーケストラ以外に100人位の合唱団も参加します。
オーケストラと合唱団のメンバーが、親戚や知人にチケットを売りさばくと、コンサートは大入りになるということだそうです。

もっとも、小さな規模で演奏したり、アマチュアの無料コンサートも各地で行われています。

関連記事

日常生活の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 日常生活の豆知識 >

生活用品の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ