知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

なぜ駅の構内は左側通行?

駅の構内の写真

通行は、「人は右、車は左」というのは、交通ルールの基本です。

ところが、駅の構内では、人は左側通行。
なぜ、駅の構内は左側通行なのかというと、江戸時代から戦前にルーツがあると言われています。

駅では徹底されなかった右側通行

日本では、江戸時代から人も馬も左側通行が原則でした。
これは、武士が左腰に刀を差していたからと言われています。

大正時代の法律でも、人も車も左側通行と決められていました。

ところが、昭和25年(1950年)頃、人も車も左側通行では事故が起こりやすいということで、「人は右、車は左」という対面通行が採用されました。

しかし、駅構内には車が走行していないため、交通ルールの指導が徹底されませんでした。

それと同時に、左側通行の方が駅構内では混乱が少ないという理由もあって、駅構内では左側通行となっているようです。

関連記事

日常生活の豆知識

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 日常生活の豆知識 >

生活用品の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ