知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

史上最大のマグニチュード

チリ沖地震の写真

史上最大のマグニチュードを記録した地震は、1960年のチリ沖地震で、マグニチュード9.5です。

歴史上の大地震について、文献や被害状況から分析しても、チリ沖地震が史上最大と考えられています。

未来にこれ以上大きいマグニチュードの地震はあるのでしょうか?

膨大なエネルギーが蓄積された結果だった

地震専門化の予測では、今後しばらくは、チリ沖地震を越える大地震は起きないと言われています。

理由は、マグニチュード10を超えるような地震が起きるには、限りなく大きなエネルギーを蓄積されなければならず、チリ沖地震で放出されたエネルギー量が再び蓄積されるまでには、かなりの歳月を要すると考えられているからです。

とはいえ、地震大国の日本。
マグニチュード10とは言わないまでも、地震に対する日頃からの備えは必要です。

関連記事

自然の雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 自然の雑学 >

動物の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ