知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

流氷は北海道にだけ来る理由

流氷の写真

北海道の流氷は北極からやって来るわけではなく、オホーツク海で生まれるものです。

オホーツク海ならではの流氷!

オホーツク海は、200m以下の浅いところが多いため、海は冷えやすく、しかも塩分が薄いから氷が張りやすいと言われています。

11月の中旬、オホーツク海の海水の中で小さい氷の結晶が生まれます。小さい氷の結晶がくっついてシャーベットのようになり、次第に氷に変わります。

こうしてできた氷が、南へ向かう海流や、強い北風で、1月中旬に北海道のオホーツク海沿岸に押し寄せてきます。

海流が本州に来ないのは、そこに黒潮の暖流が流れ込んでいることや、太平洋という、広くて深い海だから、オホーツク海とは様子が違うためであると予測できます。

関連記事

自然の雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 自然の雑学 >

動物の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ