知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

野球は9回で終わる理由

野球のスコアボードの写真

アメリカでベースボールが誕生した頃、野球は回数制ではなく、バレーボールのように点数制で行われていました。
回数に関係なく、先に21点取った方が勝ちというルールでした。
その名残は、今でも「コールドゲーム」に残っています。

ところが、あることがキッカケで「原則、9回で終了」というルールに変更になりました。

チーム付きコックのクレームが原因

ベースボールが9回で終わるようになったのは、チーム付きのコックのクレームがキッカケでした
1845年頃のことでした。

当時、21点まで取るまで戦うため、試合がいつ終わるか、おおよその見当すらつきませんでした。

そのルールにクレームをつけたのが、ニューヨークのニッカーポッカーズのチームのコックたちでした。
試合終了後、相手チームをレセプションに招待することになっていても、「いつ料理を用意すればいいかわからない!」等の理由からでした。

そこで、試合終了の時間が前もって計算できるように、ルールを改定して欲しいと訴えたのでした。
その訴えがキッカケで、ルールを変更することになりました。

当時のアメリカは、まだ12進法の影響が色濃く、ベースボールにも12進法が取り入れられており、12の4分の3である「9回」が採用されることになりました。

ちなみに、三振でアウト、スリーアウトでチェンジというのも、全て12進法の影響です。

日本に野球が伝わったのが1876年頃。
アメリカのベースボールのルールが伝わったので、日本の野球も9回で終わるようになったわけです。

関連記事

スポーツの雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > スポーツの雑学 >

明話事典

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ