知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

野球で「7回はラッキーセブン」と言われる理由

風船飛ばしの写真

プロ野球の甲子園名物「ジェット風船飛ばし」は、7回の裏の阪神の攻撃が始まる前に行われます。

「ラッキーセブン」にあやかって、「必勝起きそう!」というわけですが、「ラッキーセブン」の始まりは、1930年代のアメリカ・本家メジャーリーグからでした。

サンフランシスコ・ジャイアンツの7回の逆転劇

1930年代のメジャーリーグのサンフランシスコ・ジャイアンツは、7回の攻撃で何度も逆転劇を演じました
その結果「7には奇跡を呼ぶ何かがある」と噂され、それがアメリカ中に広まり、やがて世界中に定着しました。

確かに7回ともなると先発投手も疲れてきて、バッター有利のイニングになります。
攻める側にとってはラッキーなイニングではあっても、ピッチャーにとっては「7回は魔のイニング」と言えるかもしれません。

昨今は、ピッチャーが完投することは少なくなり、7回あたりから中継ぎ・セットアッパーが、先発投手と交代するようになってきました。
しかし、長年続いたお祭り的な「ジェット風船飛ばし」は、今でも残っているわけです。

関連記事

スポーツの雑学

明話事典

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ