知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

左利きの事をサウスポーと呼ぶ理由

左投手の写真

野球では、左投手のことを「サウスポー」と呼ぶことがあります。「southpaw」を直訳すると「南の手」となります…?

サウスポーという言葉は、アメリカの新聞記者が作った造語です。
生みの親は、シカゴニュースのピーター・ダーンという説と、ヘラルド新聞のチャールズ・シーモアという説とがあります。
どちらにしても1880年から1890年代のことで、シカゴ球場の観戦記によって生まれた言葉です。

シカゴ球場と太陽の向きの関係より

当時のシカゴ球場は、太陽光線が打者の目を直射しないように、バッターボックスに立った打者が東を向くように建てられていました。
つまり、投手は東から西に向かって投球することになり、左腕投手は振り上げる左腕が南側になります
そこで、左腕投手を「サウスポー」と表現したそうです。

この事が、ボクシング界でも使われ始め、テニスやバレー等、広くスポーツの世界で「サウスポー」の呼び名が定着しました。

関連記事

スポーツの雑学

明話事典

人の体の雑学

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ