知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

敷布団のホコリを取るために叩いても無駄

敷布団を干す写真

今も聞こえるでしょうか?

天気の良い日に、ベランダ等で敷布団を干し、ホコリを取るべく「バシッバシッ」と叩く音。

昔はよく聞いたものですが、最近聞かなくなったのでは?

既に結構知れ渡っている雑学・豆知識だからでしょうか?

敷布団をいくら叩いても、ずーっと細かい塵のようなものが出てきます。

なぜでしょう?

敷布団を強く叩いて出て来るモノはホコリではなく繊維

敷布団のホコリを取ろうといくら叩いても、ホコリらしきモノはいくらでも出てきます。

それもそのはず、敷布団を強く叩くと、最初こそホコリは落ちるでしょうが、同時に敷布団の中の綿の繊維を破壊することになります。

敷布団を叩き続けても、ホコリらしきものが出続けるのは、実は、破壊された綿だからです

したがって、敷布団のホコリを取るときは、表面を軽くブラッシングするか、軽く払うだけでいいのです。

敷布団を干すにも適時がある

もちろん、敷布団を干すことは必要です。

天日干しにすると、殺菌効果があります。

敷布団を干す際に、最も良い時間帯は午前11時~午後2時くらいまでの、およそ3時間強と言われています。

昼の日差しが適しているわけです。

しかし、夏場はややもすると日差しが強過ぎる場合もあるので、1~2時間で良いようです。

長時間干すと、布団が日焼けしたり、表面を傷めるからです。

関連記事

生活用品の雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 生活用品の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ