ティッシュペーパーが2枚重ねになっている意外な理由
知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

ティッシュペーパーが2枚重ねの理由

ティッシュペーパーの写真

普段は何気なく使っているティッシュペーパーですが、よく見ると2枚重ねになっています。

ティッシュペーパーを取る際に、何かの拍子で「ティッシュが1枚はがれた」なんて経験をしたことがある人も多いかと思われます。

なぜ、ティッシュペーパーは2枚重ねになっているのでしょうか?

ソフトな肌ざわりを生むための製作過程

ティッシュペーパーの良さは、何といっても肌触りの良さ。

メーカー各社の宣伝も「如何に肌触りが良いか」という点に重点が置かれている場合が多いはずです。

そのティッシュペーパーの肌触りの良さを生んでいるのが、「2枚重ね」です。

なぜ「2枚重ね」だとソフトな肌触りが実現できるかというと、その理由は製作過程にあります。

薄いティッシュペーパーは、2枚重ねにしないと、機械での大量生産の断裁の際に破れてしまうからです

ティッシュペーパーを2枚重ねにすることによって厚みを出し、機械で断裁しても破れないようにしてあります。

また、2枚分の厚みのある1枚のティッシュペーパーでは、柔らかさ・ソフト感が失われてしまうそうです。

更に、紙には表と裏で微妙に肌触りが違い、裏はザラザラで、表が肌触りがいい。

したがって、紙の裏側同士を合わせ、肌触りの良い面を背中合わせにすることで、ティッシュペーパーは裏も表も肌触りが良くなっています。

関連記事

生活用品の雑学

サーチアイレット > 教えて知恵袋 > 生活用品の雑学 >

日常生活の豆知識

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

今日は何の日カレンダー

日本全国のニュース速報

情報検索に役立つコンテンツ