知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

佐野康夫さんは正真正銘のプロドラマー!

ドラムセットの写真

わたくし10年ほど前から、ちょっとしたことがキッカケでaikoが好きになりました。デビューした時も、もちろん記憶にあるんですが…。

で、最近YouTubeの「aikoOfficial」公式チャンネルで動画をちょくちょく見聞きしています。

最初は、「あ~aiko可愛いなぁ」とか「絶対性格いいんだろうなぁ」なーんて思いながら見ていたのですが、ある日ふと、「…バックバンドのドラムの人、やたら上手い…!?」

佐野康夫さんという方ということがわかって(髪が短くなっていたのと、メガネがなかったので気付きませんでした)、略歴を知り、佐野さん関連の動画をいろいろ見て、感嘆させられました。

わたくし、学生時代ちょいとドラムをかじっていたこともあって、ウンチク語ります:苦笑

気付いたキッカケの『キラキラ』

LIVE動画ってこともあって、結構何回も見ました。

ドラムのフィルから曲が始まりますが、なんとも涼しげに叩くではありませんか。

我ながらアフォーと思いつつ、「1曲くらい完コピできないだろうか?」と思い、よくよく聞いていると、異常に難しい上、もの凄い繊細で上手いことに気付きました。

そして、「到底完コピ無理!」ということも(笑)

仰天した『あたしの向こう』のドラミング

決定的に「ただ者じゃない!」と思ったのが、『あたしの向こう』の動画でした。

ウンチク語ります…。。

このアップテンポで、手も足も乱れることなく、正確にリズムを刻み、スネアやタムタムのつぶも綺麗!

何よりも感嘆したのが、間奏後の曲の入り。

ほんの短い間ですが、スネア中心にリズムを刻みます。そうすることで、曲のテンポは正確に維持されているのですが、テンポアップしたような感覚を聞き手に与えます。

また、どの曲にも言えるのですが、ライドシンバルを使うタイミング、使い方が絶品です! (佐野さんのこだわりの一つでもあるようです)

さらに、ちょくちょく難しいことやってるんですが、ボーカルを決して邪魔せず、むしろボーカルを生かす演奏になっていること。

アマチュアミュージシャンに非常に多いのですが、プロと言われているドラマーの中にも「ボーカルごろし」の人って結構いますからねー…。

佐野康夫さんの輝かしい経歴

サラっとウィキペディアで略歴を調べたのですが、まぁビックリしました。

高校生で「フュージョン」ですって…:汗 で、その他様々なジャンルも経験し、最終的にはジャズ。

ジャズドラマーとしてデビューするはずも、その後日本の名だたるミュージシャンのバックバンドをつとめていたようで…。

率直に「だろうね。」とあまり驚きませんでしたが…。

佐野康夫さんのドラミングと人柄

佐野康夫さん関連の動画をいくつか見ました。

「こんだけ上手いんだぞ!」と、「あまりドラムに詳しくない方にもわかりやすいかな?」という動画を一つチョイス。

佐野さんにインタビューしていた動画もあり、「佐野さんの流儀」を少々聞くことができたんですが、「プロ中のプロ!」「まさに職人!」と感動しましたねー。

また、すごい低姿勢で謙虚な人柄にも惚れ惚れしました。

佐野さんの活躍を願うとともに、aikoのバックバンドを長くやって欲しいなと思った次第です。(2018.10.30)

関連記事

勝手なツブヤキと運営記

サーチアイレット > 運営記・勝手なツブヤキ >

明話事典

SEO+HTML

フリー写真素材集

情報検索に役立つコンテンツ