知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

焼き鳥居酒屋『串鳥』

『串鳥』の外観

札幌発祥の焼き鳥居酒屋『串鳥』。今や仙台や東京にも進出しているようですね。

無難な味とコスパの良さで、いつも混んでいます。店員さんも元気いいですしね。

コスパの良さは、ズバリ「ドリンク」です。

焼き鳥自体は、特段安いわけではありませんが、ビールが300円台! お会計の際に安くてありがたいです。

焼き鳥数種類

焼き鳥もいろいろな種類があります。

もちろん、お好みで注文されていいと思いますが、個人的には「鶏精」「豚精」「つくね」等、オーソドックスな串で十分だと思っています。

(※本州の方は「焼き鳥なのに豚肉!?」と思うかもしれませんが、北海道では昔からあるんです。)

注文するときのコツと締め

さて、注文するときに少しコツがあると思っています。

お腹が減っていると、最初の注文時に、ついつい多く頼んでしまいますが、そこでちょっと一考。

焼き鳥は、冷えてしまうと固くなり、味が半減してしまうネタが多いです。

だから、最初はせいぜい1人当たり3~4本程度に止めておくと良いと思います。

注文した串が来た時点で、また追加すると、温かい状態の焼き鳥を美味しく頂くことができると思います。

最後の締めにオススメなのが「釜飯」。

500円台で、丁度良い量で提供してくれ、さらに、お茶漬け風にしても食べられるので、締めにはピッタリ!

串鳥に入りやすい曜日は?

さて、この記事の本題、「入りやすい曜日」について。

金曜、土曜は混むのは予想つくと思いますが、日曜日も混んでいます。次の日仕事の方が多いと思うのですが、ファミリーを中心に混んでいます。5時に入店しようと思っても、「待ち」の場合がほとんどです。

「予約しなきゃダメか…」と思っていたのですが、実は入りやすい曜日がありました。

ズバリ、入りやすい曜日は月曜日です

予約して、行こうと思ったのですが、「2名様からの予約は受け付けておりません」と断られてしまったのですが、「でも、予約しなくても入れますよー」と言われたのが、月曜日でした。

店員さんがおっしゃったように、テーブル席にも座れました。

良いことを知りました。

帰り際、見送りしてくださった店員さんに「月曜日って、お客さんは大体これくらいの感じですか?」と聞いてみましたが、「そうですね~、大体こんな感じです。」とおっしゃっていたので、間違いないと思います。

ただ、大通近郊にある店舗は、仕事帰りにちょっとだけ寄るという方が多いので、何とも断定できないところですが、郊外の店舗は、月曜日は大丈夫だと思われます。

店舗によっては「ランチ」もあり!

さて、昔よく串鳥のランチに行っていました。

やっぱり安く、さらにボリュームがあり、美味しいです。

ご飯、味噌汁、おかず、キャベツといった定食ですが、500円~600円です。おかずは、カツやコロッケ。(カレーライスもありますね。)

「もうやってないんだろうな…」と思っていたのですが、なんと店舗によっては、まだランチをやっているところがあるんですね!

ざっと見たところ、主にオフィス街にある店舗はランチもあるようです。

今度、久々に行ってみようと思います。

(※写真やレポは後日)

グルメ情報

サーチアイレット > グルメ情報 >

食べ物の豆知識

日本全国のニュース速報

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

情報検索に役立つコンテンツ