知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

6月1日の新型コロナ感染者数

6月1日の新型コロナウイルス感染者数の統計を、都道府県別に掲載します。
(クルーズ船、チャーター機、空港検疫は除く。)

感染者数と死者数、( )内は前日比です。(※感染者数の多い都道府県から順に掲載)

都道府県別新型コロナ感染者数の統計(6/1)

6月1日は日本全国で36人(計16,573人)の感染者が確認されました。(再陽性の方も含めています)
本日発表された感染者数は、約3~4週間前の5月4日~5月11日あたりに感染したと思われる人数です

まず、北九州市の事例について。

小学校でクラスター(集団感染)が確認されたのは全国初。
また、中学生や高校生にも感染者が確認されております。

ここで、まず声を大にして言いたいのは、安倍総理の全国一斉休校の判断は間違っていなかったということです。
「根拠がない」とも批判されていましたが、根拠はあったわけです。

高齢者の方の感染が相次いで確認された3月末からの2ヶ月の間で、無症状の子どもがウイルスを運んでしまったケースもあったはずです。

他各地では学校を再開したものの、漠然とした不安と疑心暗鬼の中で、集団生活を送ったり、学習することが果たして良いことなのか、わかりません。

次に、空港検疫について。

当ページで空港検疫で発見された感染者については触れていませんでしたが、毎日動向を見ておりました。
そして毎日数名感染者が発見されていたことも。
数日前には1日で10人の感染者が確認されたことには驚きました。

主に東南アジアと南米からの帰国者です。(本日岐阜県で感染が確認されたのはパキスタンから帰国した夫の奥様でした。自宅待機していたとのこと。)
現在は、中南米で感染爆発が起こっています。

今日より、自衛隊は通常勤務に戻り、以前の検疫体制に戻ります。(表向きは自然災害に備えてとなっておりますが、尖閣諸島や台湾近海では一触即発状態であります。)
ノウハウをちゃんと引き継がれているか心配しております。

これから「第2波」「第3波」は来ると思われますが、4月ほどの大きな波にはならないと思っていました。欧米からの帰国者がいないためです。
ところが、中南米及び東南アジア圏の国からの帰国者がおり、2週間の自宅待機をしてくれれば良いのですが…?

「全国で1日あたり200人越えくらいまでいくかもしれない…」と懸念をしております。

今世界各地でデモが起き、本来の抗議目的とは別に、略奪があちこちで起こっています。
大規模なデモが起こるとき、よくある現象です。

日本政府への対応にも不満はあるでしょうが、それらを踏まえると、日本国民ももう少し冷静に考えるべきではないでしょうか?

優先すべきは感染拡大予防ではないでしょうか?

関連記事

現代コラム

日本全国のニュース速報

明話事典

情報検索に役立つコンテンツ