知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

https化(常時SSL化)は必須!

2018年7月末に、Googleが大幅なアップデートを行いました。「https化(常時SSL化)していないホームページの順位を下げる」といった傾向が顕著でした。

以前からGoogleでは、「https(常時SSL)はランキング要素に入れる」とか、「Google Chrome」でhttps化をしていないホームページにアクセスした場合には、「保護されていません」という表示をするというアナウンスをしておりました。

しかし、自分で運営しているサイトについては、特にアクセス数の影響を感じなかったので、静観しておりました。

ところが、今年の8月くらいからアクセス数が激減しました。最初は、「なぜ?」かわからなかったので、原因を探った結果、https化(常時SSL化)していないから、各ページの検索順位が軒並み下がっていることがわかりました。

現在、急いでhttps化を進めている最中です…。

https化をしているサイトの表示画面

https化(常時SSL化)とは?

上手くまとめられるかな…^^;

https化(常時SSL化)とは、個人情報(メールアドレスやパスワード等)を入力・送信するフォームページだけではなく、ホームページ全ページをSSL化(安全な暗号化)してしまい、ブラウザからアクセスする場合、SSL接続(より安全な接続)でユーザーに閲覧してもらう方法のことです

SSL接続とは、SSL(Secure Sockets Layer)による通信暗号化とサーバー証明書で、安全性を確保することです。

サーバー証明書とは、サーバーに対する印鑑証明書みたいなもので、SSL暗号化通信時に利用する証明書のことです。

要するに、ユーザーがあなたのホームページを閲覧するときに、サーバーにあるHTMLファイル等のページ全部を暗号化して送信するということです。

https化(常時SSL化)を進めた結果

アクセス数激減の原因がわかってから、https化を急ピッチで進めております。まだ全ページ終わっていません(泣)

ですが、少しずつアクセス数が回復傾向にあります。

ホームページをhttps化をしていない方は、早めにhttpsに変更することをオススメします。(※やり方については、別の機会に解説します。)

例外もあるかも?

ただし、今のところは慌ててhttps化する必要のない場合もあると思われます。

それは、「とりあえずホームページは構えてあるので、会社名・事務所名・店名等で検索してくれればOK」という場合です。ある程度「ブランド名」がある場合ですね。

こういったケースについては、今のところ検索結果に影響がないように見受けられます。

また、「Google Chorme」のブラウザでhttps化されていないホームページを閲覧した際に「保護されていません」という表示があっても、「気にしない」というユーザーが「8割以上」いるというデータが、最近出されました。

それに、ブラウザは「Safari」「Internet Explorer」を使うユーザーも多いですし。

時間にゆとりがあるときに、http化をしておくとよいのではないでしょうか? (2018.11.15)

関連記事

SEO関連のニュース

サーチアイレット > SEO+HTML > ニュース >

SEO+HTML

WEBサイト検索

フリー写真素材集

情報検索に役立つコンテンツ