知りたい情報、役立つ情報の検索サイト [サーチアイレット]
サーチアイレット

YOSAKOIソーラン祭りの楽しいところ

ワオドリスクエアの写真

札幌市のイベントとして定着した「YOSAKOIソーラン祭り」。
元々は北海道大学の学生が立ち上げたイベントだったのですが、いつの間にか商業ベースのイベントになり…。
気付けば、YOSAKOIをメインとしたチームとか出来ていて、毎年似たようなチームばかり出てきて…。

「祭り」っていうか、「ショー」なんですね、もはや。
しかも、言っちゃなんですけど「レベルの低いショー」。

ところが、2019年に「あ~また交通規制かかるよ…」と日程を調べていたら、「自由参加・飛び入り参加OK!!」という会場があることを発見しました。

お祭りの醍醐味って、「みんな気軽に参加できる」ってとこにあると思うんですよね。
そう思っていたんで俄然興味が湧いて、実際に行ってみました。

飛び入り参加大歓迎の「ワオドリスクエア」

会場は、大通公園西7丁目の「ワオドリスクエア」。

文章じゃなかなか伝わり難いと思うので、一部動画をご覧下さい。
(平日の19:00頃、動画白飛びしてますが…)

平日なのもあって、参加者少なかった(観覧者の方が多かった)ですが、それでも面白かったです。

北大生が中心となって、年齢・性別・国籍も関係なく楽しんでいる光景。
見ているだけで、自然と笑みがこぼれました。

一般人のカメラに向かってリアクションする学生さんもいれば、小さい子に優しく踊りを教える学生さんもいたり。
「これぞ祭り!!」って感じがしました。

北大生主体の祭り会場

勤務中で申し訳ないと思いつつ、守衛さん何人かに「ワオドリスクエア」について聞いてみました。
(※親切なご対応ありがとうございました。)

まず、踊り子さんは「北大生」であることを確認しました。(聞くまで、どこの学生さんなのかわからなかったので…。)
先にも書きましたが、元々は北大生が企画したイベントですからね。
その伝統を生かした会場が出来ていたのは何よりと思います。

公式ホームページには、「鳴子の無料貸し出し」と記載されていますが、守衛さん曰く「自販機で買ってもらっているんですよ」とのこと。
(※もうちょっといろんな人に聞いて回れば、本当は無料貸し出しもしているかもしれません。。)

特別自販機の写真

(※鳴子の他、カイロとかも販売していました。)

休日は、参加者も多くなるでしょうし、普段体験できない楽しみを味わえるのではないかと思います。
(※何回か観覧して、また記事を更新します。)

関連記事

札幌市・北海道のイベント情報

サーチアイレット > 観光・イベント情報 >

フリー写真素材集

日本全国のニュース速報

世界各国のニュース速報

教えて知恵袋

教えて知恵袋のロゴ 身体、食べ物、生活用品、日常生活、自然等の雑学・豆知識

情報検索に役立つコンテンツ